なかお事務所 埼玉県志木市、新座市、朝霞市、和光市の社会保険労務士|就業規則 労働トラブル 労務相談 労働保険 社会保険

事務所理念

事務所理念

  この仕事での最高の報酬は、お客様からの「ありがとう」という言葉です。

  一つ一つの会社さまと向き合って、その会社のことを思い、一緒に考え行動することで、

  この言葉をいただけるのだと思っております。

会社さまの成長・繁栄のために尽力いたします。


  少しでも「会社」様のお役にたてればと当事務所は考えております。

  弊事務所のスタンス、モットーは「会社のため」です。

  経営者のためでなく、従業員のためでもなく、
  あくまで「会社」の成長や安定のために尽力いたします。

  「どのように運用したら会社のためになるか。」
  に焦点を合わせた労務管理に尽力させていただくためです。

  会社が無くなってしまったら、経営者も従業員もありません。

  また会社が、そのポリシーに沿って成長し安定することで、
  経営者も従業員も幸せになるものだと考えております。

  ですから、当事務所は会社さまのポリシーや方向性から考えて、
  ときには経営者様にも意見させていただくこともあります。

  会社の労務という、経営の根幹をなすことに携わらせていただく以上、
  しっかりとした姿勢で向かわせていただきます。

会社の現状に合わせたアドバイスをいたします。


  会社運営は法律どおりの運用をするのが理想です。

  ただ、実際には現状法律どおりの運用が難しい会社も多くあります。

  あくまでゴールは法律に則った組織編制と運用ですが、
  そこに行きつくまでの過程を会社さまの現状に合った
  目標設定や段階を踏んだ労務管理のアドバイスをいたします。

  法律一辺倒のアドバイスは役所に聞けば教えてくれます。

  そこに向かうまでの道程を会社さまと一緒に考え行動するのが
  われわれ社会保険労務士をはじめとする士業だと考えております。

労働トラブルを未然に防止する会社へ


  会社運営をする中で、そこかしこにトラブルの種が落ちています。
  そのトラブルの種を早期に発見し対処するお手伝いをさせていただきます。

  会社さまとのお話しの中、他社での出来事や業界のトレンドから、
  このような労働トラブルの芽を摘んでいき、労働トラブルのない
  安定した労務管理に尽力いたします。

  社会保険労務士にとって、「何もない」ことが最高の結果だと思います。
  これは、労働トラブルを未然に防いでいる証だと考えております。

会社の最高で最大の財産は人材


  会社の最高で最大の財産は人材だと考えております。

  人が最高のパフォーマンスを発揮するには、
  頭と心の両面を満たすことが必要です。
  つまり、頭で理解し、心で納得することです。

  頭では分かっていても、心で納得しなければ
  その人の力は最大限に発揮できません。

  疑問を持ちながらでは最高のパフォーマンスは出せないからです。

  逆に頭で理解し、心で納得していれば、
  一直線に目標に向かって走ることができるでしょう。

  このようなことから、人材の活用には、円滑な労務管理と運用が欠かせません。

  しかし、その方法は、その会社のカラーや方向性、年齢層や業種によっても異なります。

  どうしたら従業員のみなさんに頭で理解し、心で納得していただけるか、
  いかに最大限のパフォーマンスを持って目標に向かえるか、
  当事務所では、そのお手伝いをさせていただきます。

社会保険労務士として


  社会保険労務士は、会社さまの「気づかない、見えないリスクに対処する」ことと
  考えております。

  「うちの会社は大丈夫。何も問題ない。」と思っていても、
  実はトラブルの種が存在していたり、法律に合っていない状態であったりします。

  会社のポリシーがしっかりしているのに、ちょっとした法律上の
  書類一つ出していなかったり、
  従業員の不満をキャッチアップできなかったばかりに、
  大きな労働トラブルが突然出てくることがあります。

  いまはネット社会です。
  ちょっと調べれば、いくらでも法律の事が載っています。

  2チャンネルのような掲示板にいろんなことが書き込まれています。

  • 残業代が払われていない
  • 有給休暇が取れるはずだ

  など様々な要求をされることもしばしばです。

  いま、労働トラブルと言う名の地雷が、
  そこかしこに散在する時代になっています。

  労働トラブルは、起きてしまってからでは対応策が限られますし、
  対応するときの労力は大変なものです。

  そうなる前に、法律上問題のない、労働トラブルの種を発見できる
  キチンとした労務管理体制を築いておくことが最大の労働トラブルの未然防止策です。

雑談の中に大事なことがある


  会社さまの「気づかない、見えないリスクに対処する」には、情報を得ることが重要です。
  ですから、いろんなことをお聞きして、お話ししていただくことから始まります。

  ちょっとした雑談の中に、トラブルのサインや改善のチャンスが潜んでいます。
  そこをキャッチアップすることこそ、''トラブルの未然防止の専門家である
  社会保険労務士の最大の存在意義''があるのだと考えています。

当事務所の社会保険労務士としての立場


  少しでも「会社」様のお役にたてればと当事務所は考えております。

  当事務所のスタンスは「会社のため」です。

  経営者のためでなく、従業員のためでもなく、
  あくまで「会社」の成長や安定のために尽力いたします。

  それは、会社が無くなってしまったら、経営者も従業員もありません。

  また会社が、そのポリシーに沿って成長し安定することで、
  経営者も従業員も幸せになるものだと考えております。

  ですから、当事務所は会社さまのポリシーや方向性から考えて、
  ときには経営者様にも意見させていただくこともあります。

  会社の労務という、経営の根幹をなすことに携わらせていただく以上、
  しっかりとした姿勢で向かわせていただきます。


これからも、より多くの「ありがとう」をいただけるように尽力させていただきます。

 なかお事務所
 代表 中尾 宏昭

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional