なかお事務所 埼玉県志木市、新座市、朝霞市、和光市の社会保険労務士|就業規則 労働トラブル 労務相談 労働保険 社会保険

労働保険・社会保険の手続き

手続き1つから承ります

  「従業員数が少ないから、内部の労務管理は心配ないから顧問は必要ないけど、
  雇用保険や社会保険などの手続きをやって欲しい。」

  そのようなお客様の声をお聞きします。
  当事務所では、手続き1つから承りますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

  また、社会保険労務士が手続きをする場合、添付書類が省略できるものもあります。
  例えば、雇用保険の離職票の場合、賃金台帳・出勤簿の添付が省略できます。
  このようなメリットもございますのでご検討くださいませ。

労働保険・社会保険の手続き

   会社運営上、様々な場面で様々な手続きが必要になります。
   基本的には「人に関すること」で変化があった場合には、
   手続きが発生することが多いです。

従業員の手続き


  従業員の入社~退社までの間には、結婚して名前が変わったり、
  出産して育児休暇に入ったり、扶養家族が増えたり、
  引っ越しをして住所が変わることもあります。

  また、起きてほしくありませんが、通勤途中や業務中にケガをすることもあるでしょう。

  このようなときに手続きが必要になることがあります。

会社の手続き


  会社も年に1回毎年おこなう手続きがあります。
  労働保険料や社会保険料の申告・納付、年末調整などが挙げられます。

会社の労災保険と雇用保険の加入


  従業員を1人でも雇う場合は、原則労働保険(労災保険と雇用保険)に
  加入しなければなりません。

  労災保険は通勤中のケガや業務上のケガをしたときに、
  病院で治療したり休業した時に給付金が出ます。
  業務上で今後働けなくなる後遺症が残る大きなケガの場合、
  症状や障害の度合いよっては一生給付されるので、とても大事な保険です。

  雇用保険はいわゆる失業保険です。
  失業保険のほかにも育児休暇に関する給付などもあります。
  また、ほとんどの助成金で雇用保険の加入が支給要件になっています。

  労災保険と雇用保険は原則セットでの加入となります。

会社の社会保険(健康保険・厚生年金)の加入


  従業員だけでなく、社長や役員も加入義務があります。
  また、こちらも原則健康保険と厚生年金セットでの加入になります。

  健康保険は国民健康保険よりも手厚い給付制度があるのと、
  手続はほとんど会社が行いますので、従業員の福利厚生に適っています。

  余談ですが、優秀な人材は社会保険のメリットを知っているので、
  求職の段階で会社の福利厚生もチェックしてきます。

埼玉生まれの埼玉育ち。
手続きも大事な労務データとなります。手続きからの労務管理分析が会社を成長させます。
手続きと労務管理分析は、志木市、新座市、朝霞市、和光市など地元密着の社労士にお任せ。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional