なかお事務所 埼玉県志木市、新座市、朝霞市、和光市の社会保険労務士|就業規則 労働トラブル 労務相談 労働保険 社会保険

当事務所の特色

当事務所の特色

労務コンサルタントとして


社会保険労務士の仕事は手続きだけではありません。

手続きも大切な仕事ですが、同時に「会社の労務をどう円滑に運営するか。」が重要です。

手続きだけの業務では、社労士に顧問を依頼しているのはもったいないと思います。
また、労働トラブルの未然防止だけでも、まだまだもったいないと考えております。

顧問だからこそ、普段から会社さまとの会話や職場の雰囲気、会社それぞれのポリシーや方向性、
目標を理解したうえで、その会社さまごとに合った様々なご提案ができると考えています。

「一つとして同じ会社はない!」ならば、「会社ごとに労務環境は違い、労務管理も違う」のです。

同じような問題でもA社とB社では、全く違うご提案をすることがあります。
考えてみれば当たり前のことで、その会社を知っているからこそ他社とは違うご提案となるから
です。
そもそもその会社を知らなければ、的確なアドバイスやご提案はできません。

また、普段から会社さまに関わることで、先んじたご提案をすることができます。
経営者さまとは違った労務の専門家という角度や視点から、盲点やリスク・ヘッジのアドバイス
ご提案をさせていただいております。

このようなことから、当事務所は「社会保険労務士は労務コンサルタントである。」
考えております。

経営コンサルタントでもあります


経営コンサルタントと言っても貸借対照表や損益計算書、原価計算などではなく、
社労士は「人事労務」の視点からの経営コンサルタントでもあると考えております。

会社は維持・成長・発展しなければなりません。
会社が潰れては、そもそも経営者も従業員もないからです。
また、会社が維持・成長・発展していけば、経営者も従業員にとっても幸せなことです。

このようなことから当事務所では、会社にとって「人は最高で最大の財産」と考えており、
「会社の財産は会社の成長・発展のためにある」という考えに繋っております。

ですから、従業員さまに

  • 売上目標や利益を意識してもらうには、どうしたら有効的なのか?
  • 目標は根拠立てて組まれているか?そのためにはどうしたらいいのか?
  • 目標に対する結果を次に活かす分析をどうしてもらえばいいのか?

このようなことの戦略・戦術へのアドバイスやご提案をいたします。

ただやみくもに「頑張ります!」では、効率的な目標の設定・達成、そして利益は生み出せません。

そもそも社労士は何のためにいるのか?
そう考えた結果が「会社の維持・成長・発展」となりました。

いままで様々な業種、規模、社歴および様々な経営者さまや従業員さまから経験させていただいた
蓄積を基に会社さまに携わらせていただきます。



顧問のメリット


前述させていただいたように、労務コンサルタント、経営コンサルタントとして最大限に力を
発揮するには、普段からの会社さまとの会話にあります。

会社さまとの会話や職場の雰囲気などの情報があるからこそ、会社さまが気づかないことや違う
視点からのアプローチでアドバイスやご提案ができるのです。

もっとも、「この業務をしてください」というスポット契約の中から得た情報からも、このような
アドバイスやご提案はできますが、やはり普段から継続した関係のほうが得られる情報も多く、
そのフィードバックも多いと思います。

このようなことからも、継続的な関係を築ける顧問契約は、社労士を最大限に活かし効果を出せる
メリットだと思います。

法律や経営のワンストップサービス


会社経営上、様々なことがリンクしています。極論すると会社の事柄は、すべて四方八方に
リンクしていると言えます。

そう考えると、労務ことだけど税務と絡んでいたり、許認可のことだけど財務や登記などの
司法に絡んだりしています。

当事務所では、税務、許認可、司法、民事に至るまで様々な専門家とのパイプを持ち連携が
構築されています。

いま弊事務所にお任せいただいている顧問先さまも、何かあったときには当事務所を窓口に
していただいている会社さまも多くあります。

これからの専門家サービスは、ワンストップでご安心した頂けるサービスが不可欠だと考えて
おります。

当事務所では、今後もお客様にご安心して頂けるよう自身の専門分野のサービスはもちろんのこと、その他のご心配ごとでも対応できるよう体制を強固なものにするため、様々な専門家とのパイプと連携を構築しています。


powered by HAIK 7.1.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional