なかお事務所 埼玉県志木市、新座市、朝霞市、和光市の社会保険労務士|就業規則 労働トラブル 労務相談 労働保険 社会保険

特定社会保険労務士

特定社会保険労務士とは

特定社会保険労務士ができること

特定社会保険労務士は、労働者と経営者が争いになったとき、裁判外紛争解決手続(ADR)制度における代理人として、裁判によらない円満解決を実現することができる社会保険労務士のことです。

「紛争解決手続代理業務」(ADR)の内容

裁判外紛争解決手続(ADR)制度で、特定社会保険労務士が行える紛争解決手続代理業務は
このようなものがあります。

  • 個別労働関係紛争解決促進法に基づき都道府県労働局が行うあっせんの手続の代理
  • 個別労働関係紛争について都道府県労働委員会が行うあっせんの手続の代理
  • 個別労働関係紛争について厚生労働大臣が指定する団体が行う裁判外紛争解決手続の代理(紛争価額が60万円を超える事件は弁護士の共同受任が必要)
  • 男女雇用機会均等法、育児・介護休業法及びパートタイム労働法に基づき都道府県労働局が行う調停の手続の代理

※これらの代理業務には、依頼者の紛争の相手方との和解のための交渉や和解の代理を含みます。

裁判外紛争解決手続(ADR)の特徴

裁判外紛争解決手続(ADR)は、裁判によらないで、当事者双方の話し合いに基づき、あっせんなどの手続によって紛争を簡易、迅速に解決を図ろうとするものです。

特定社会保険労務士とは

特定社会保険労務士とは、社会保険労務士の中で、『厚生労働大臣が定める研修を修了』し、『「紛争解決手続代理業務試験」に合格』した後に、その旨を社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に付記された社労士が行えるもので、あっせんへの同席や代理行為をすることができる者を言います。

クリックしてね!

powered by HAIK 7.1.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional